今日は晴れです。家の前の桜は、まだ3割程度しか咲いていません。熊本の桜の満開は10日辺りとか。6日から9日まで雨の予報なので、今年の桜は1週間遅く咲き早く散ってしまう様子です。


ネットで現在、更新しているブログはここだけ。しかし、正直な話、ここは誰も来ませんので終了することにしました。誰も来ない原因は、記事の内容や私の交流不足なのだと思いますが、ネットを作家活動として始めて12年。年齢的にも「…もう、いいだろう」と感じた次第です。実際に永遠に更新は出来ない訳ですから、この辺が終わりどころではないでしょうか。区切りの時期。


今後はネットはFacebookだけになります。ただ、こちらは友達は外国の方達をメインにしていますので、新たに日本人の方達と友達になることはありません。…なので、ここを終了することにより「笛吹ピエロはネットから離脱」の認識で良いのでしょう。長らくお世話になりありがとうございました。笛吹ピエロ(中尾敏治)


今日は晴れですが風が強いです。家の前の納骨堂の桜が咲き始めました。熊本は例年よりも1週間くらい遅い開花のようです。満開は1週間から10日とか。今週の後半は熊本は雨の天気予報。雨が降れば桜は早く散りますので気がかりです。


昨日は、かかりの内科へ自転車で行って来ました。血液検査がありました。新しいかかりの医院は2回目。お若い男性主治医は温厚な人柄で気になることは別にありません。私自身、主治医については高望みしていないので、全く気にならない訳です。「…この医師に絶対に治してもらおう」と期待するのが、不信感の元「…この医師に、これ以上悪くならないようにしてもらおう」と思う程度で良いのでしょう。あちこち病院を変わる必要はないのです。


最近、朝起きた時に体中が痛くて堪りません。寝ている1枚布団のせいでしょうか。それで、昨晩はマットレスと別の布団、3枚敷いて寝たら少しマシになりました。今は、左腕は痛くて上へ上がらない状態です。これも、ずっと左腕を下にして寝ていたせいでしょうかねぇ。体が痛くならないマットレスがあるとか。


今日は雨です。家の前の納骨堂の全体のペンキ塗りは終えて、正面の階段に金属の手すりを設置したり、こちらもペンキを塗ったり補修をしています。納骨堂では来月初めに地区の先祖供養と花見がありますので、それに間に合わせるみたいです。桜はご覧のように、まだ全然です。今年は例年よりも遅いです。

こちらは隣の土地。ここは元々、昔から綺麗な梅畑でしたが。どうもご年配の地主さんが手におえない感じで、管理が面倒なのか、沢山の梅の木は切ってしまいました。そうすると、雑草が伸びて荒れ放題。たまに業者が来て草を刈っています。…最近、看板を立てて、とうとう売地になりましたね。ここに家が建つと、我が家の2階から美しい雲仙岳が見えなくなってしまうので残念なのですが、これも時代の流れでしょうし「仕方がない」とあきらめています。


土地の売値は分からないのですが、我が家の近辺は「坪、4~5万円前後」みたいなので、この広さだと100坪あるかないかでしょうし「4~500万円」くらいなのかなぁ?  …さて、どうなることやら??

今日は雲はありますが、日が照っていい天気です。キャラクターの新作です。「日々、作品を作って、まずはFacebookで友達の外人さん達に見てもらう」という習慣を続けているので、オープンですから、制作は結果がすぐに出るので張り合いがあって楽しいです。ただ、私の外国の友達は、ロシアからヨーロッパの主婦が多いので、こんな子供向けの絵は、あまり反応は期待出来ません。大体、西洋人女性には「洗練された美しいもの…Beautiful」系列が人気があるようです。


…では「どうして反応が見込めないのに公開しているのか?」  と申しますと、単純に「こんな可愛いらしい絵を描く男に、悪い男はいないだろう」と安心してもらう為のワンポイント的なものだからでしょうか。Facebookで女性に友達になってもらう。ましてや、プロフィール画像などに、自身の写真を使っている外人女性はガードが固いのが通常だからです。なかなか、友達にはなってもらえません。可愛らしい絵やコメディは、そんな不安の払しょく法になるのでしょう。


Facebookへの、こんな手描きイラストの公開手順としては、拡張子Jpegだと色むらの汚れが目立ってしまうので、やや、抑え気味になるPngでアップしています。そして、左側の女の子のオレンジ色の髪のように、ツールで凹凸仕様にして色むらを出にくくしています。のっぺり平の赤色部分は特に汚れ方が酷いです。私はネット公開用、印刷用は別個に制作しています。


今日は車が使えたので用事を済ませて来ました。ホームセンターと家電店とスーパーに1人で行きました。相変わらず、混雑しているスーパーのレジでは「すみません、耳が悪いので…」と断っての会計でした。大体、レジの女店員さんから何か言われているのですが、周囲がやかましいので聞き取れないのです。…こういう困り方って、想像出来ないでしょう。だから、健康な友達の愚痴とか聞くと「情けない奴だ!」と腹が立つみたいです。もっともっと頑張らないとね。「…頑張り過ぎるのが恐い」とか言ってる奴は、ぶん殴ってやりたいですよ。…しかし、多過ぎる。


家の前の納骨堂のペンキ塗りが終わって、お昼から作業員が足場を外しに来ていました。もうそろそろ桜が咲くのでしょう。納骨堂の桜の枝の芽が膨らんで来ているのが分かります。毎年、桜の時期は写真を沢山撮っているのですが、今年は少し抑え気味にするつもりです。ずっと自転車でウロウロしていますけど、その自転車も年々、体力的に辛くなっているからです。時には、若くない自覚が長生きの秘訣やら?


今日は雨です。前回のスーツ姿の襟に付けている黒いバッチの拡大です。これは、大阪芸術大学のバッチです。在学中はスーツを着て通学することはなく、また、学生に配布や購入義務はなくて、卒業前に何となく記念として欲しくなり事務局で買ったものでした。もう、40年持っていて、結婚式出席などスーツを着る時にはめています。使っています。


…本当に年を取ってしまって、芸大生だったことは「一生のうちの、たった4年間」だとは思うのですが、私にとっては、その4年間が自分の生き方を決定づけた気がします。あくまで、芸術学士ですから「芸術の分野でプロになること」が使命だと思えたのでした。プロなって有名になるとか、大金持ちになるとかは別のこと。とにかく、アマチュアでは芸大で学んだ意味がなかったからでした。親から学費を出してもらった訳ですしね。また、素晴らしい先生方に教えて頂きました。プロになることは「ご恩返し」に違いなかったのです。

 

今日は曇りです。…変身と申しますか、普段はスーツを着ることは全くありませんからね。なので、この着ているものを洋服ダンスから出してみると「…はて?」と考え込んでしまいました。このスーツを買った記憶がないからです。忘れてしまうほど着ていなかったのでした。当然ながら、太りましたので、腹回りはパンパンで、写真を撮るくらいは可能ですが、動き回るのは到底無理のようでした。…記憶を整理すると、現在、私がちゃんと着れる上下揃いのスーツは「一着だけ」です。一着しか持っていません。メガネは100円均一。


今日はお昼前から雨。午前中は地区の公民館と納骨堂の清掃奉仕がありました。いつも母が出てくれています。また、今年は檀家の会費の集金当番が我が家に回って来ていて、先日、母は長女を連れて17軒歩いて集金して来ました。田舎では、こういう細々とした行事が時々あるのですよね。私は全くノータッチです。…いつまでも、そういう訳には行かないのでしょうが、取り合えず、母が元気なうちは任せておくしかないです。


…ん。2年前でしたっけ?  京都旅行に行った時の金閣寺です。この位置は拝観者が多くて、記念写真を撮ろうとすると、他の人達まで写ってしまうのですが、もう少し左奥の行き止まりだと人が少なかったです。


京都旅行。何事もなければ、今年の秋にまた夫婦で行く予定です。…その前に、春に私だけで鹿児島の霧島神宮へお参りに行きたいと考えています。特に用事はないのですが、父が生前に母と霧島神宮へ旅行に行き、お土産に霧島神宮の御守りを買って来てくれていたので、何となく、行ってみたい気がしているだけです。霧島神宮はまだ行ったことがありません。


昨日と今日は、どんよりとした空模様のせいか、とても耳鳴りが酷くて、頭の中は大騒音で最悪です。酷過ぎるくらい酷いです。こういう状態だと、本当に何も手につかない感じ。時々、愚痴りますが「…そばにピストルがあれば、自分の頭を打たぬいてやりたいくらい」の七転八倒、のた打ち回りたくなる苦しさです。…もう嫌になります。…改善策は?  気にしないことと、睡眠薬を大目に服用して早く寝ることだけです。天気が良くならないかなぁ。


先日、中古屋で買った500円の着物を着て撮影しました。柳柄でょうか。背景の金閣寺は数年前のこの月、3月に夫婦旅行へ行った時の写真を使いました。しかし、空が真っ白で味気なかったので、別の青い空に変えました。私の着物姿は昨日撮影。金閣寺は数年前。青い空は有明海の空です。合成の手法ならではの創造風景です。…と申しましても、皆、私自身が撮影した写真を使っている訳なので、時や場所は違っていても「作品素材」でいいのだと思います。…まぁ、作り物や嘘に見えないテクニックが大切ではありますがね。…髭は、伸ばしていた時の自分の髭の画像を貼りつけています。白髪ばかりです。


家の前の納骨堂の補修の状態です。瓦と壁をペンキで塗っています。業者が丁寧に足場を組んで工事。…それが当たり前なのでしょうね。私のように、ロープを頼りに2階の壁のペンキ塗りをするのとは大違いです。危な過ぎます!!…しかし、また、いつかしないとですなぁ。


今日は仕事から帰った次女は、長女と一緒に映画を観に行きました。明日は次女は仕事は休み。それで、出かけたのだと思います。母と妻と3人で夕食のカレーを済ませました。…最近、胃が重くて変な具合です。


先の新作の3人囃子の動画制作ですが、やっぱり作るのはシンドイです。音が外に漏れないように部屋の窓や扉は閉めたまま、重たいベースとか持って動きを入れて演奏すると、汗が流れ落ちて来ます。…かと言って、1回の撮影で終わることはありません。何回も撮影して、使えそうなのを選んでいます。…それが3人分ですからね。ホトホトくたびれてしまうのです。…そういう状況を想像出来ないでしょう。ましてや、私は耳が聞こえないのです。聞こえる人が「出来ない」とは、怠けているとしか考えられない。


…だからじゃありませんが、笛吹ピエロが有名になってくれないことには、神様はあまりにも冷た過ぎると思うのですよ。いくら芸術の道が険しいと言ってもですね。誰もやっていないことをやっているのだから、早く何とかしてもらいたいです。


ちよっとネットで拾った画像なんですが、大阪芸大時代の漫画同人メンバーが写っていたので紹介します。1番右側の背が高い髪の薄い男性が彼です。彼は上京して漫画家になり、アニメに転向してアニメ仲間とグループを作りました。詳細は分かりませんが、今から6年前の2011年。どうやら、そのグループの集まりの時の写真のようです。…で、彼が仲間達とこうやっている姿を眺めると、私生活はさほど豊かではない筈なのに、とても生き生きして元気そうに見えたのですよね。やっぱり、環境だと思いました。「…皆が頑張れば、自分も頑張れる」みたいな同志愛かなぁ。


…残念ですが、私はこんな環境を作れませんでした。皆、違う道に進みました。私には現在、同志はいません。でも、それはそれで「いいのだろう」と思います。私の創作は非常識扱いされることもあるので、1人の方がかえって気楽かもしれないからです。常識に合わせていたら、新しい芸術は生まれる筈はないでしょうに。クレイジーと天才は紙一重。人はあえて「バカ」だと思われたくないのが普通。普通では芸術家は無理です。